MENU

薬師が丘の家

住宅新築

コンセプト

夫婦と子供+愛犬の為の専用住宅である 。 敷地は市内を見下ろす高台の団地にあるが 、眺望が望める敷地 ではなく周囲は団地特有の画一的な二階建ての街並みが続いて いた。

多趣味であるご主人からは 、バイクいじりの出来るガレージと ご主人の趣味の部屋 、奥様からは留守の間も愛犬が伸び伸びと 暮らせる住まいを依頼された 。 そこで、平屋建てとすることで内外部を一体とした暮らしが出来 ないかと考えた 。

全体の構成を南側から主空間 、浴室や収納などの従空間 、北側 の趣味の空間にゾーニングし 、それぞれの空間を串刺しにする ように玄関から庭までの動線空間を配置した 。 また各空間にそれぞれ屋根スラブを斜めに架けることにより 、 北側の趣味空間への採光を確保している 。 斜めの屋根スラブは空間に抑揚をもたらし 、南面では外部空間 への誘いを促し、北面ではプライバシーを確保するとともに 、 建物を超え青空へと視線を誘う 。 素材に関しては愛犬や子供達がつける傷なども思い出になるよ うに、触れる箇所に関してはコンクリートと鉄とガラスと木に 限定し、経年変化や施主の趣味でもあるセルフリペアを楽しめ るよう配慮した 。 また、室内の床仕上げを温水床暖房埋め込みのモルタルとし 、 ガレージや庭も同じモルタル仕上げとすることで 、庭や道路ま で含めたグランドレベルの親和性を高め内外部のヒエラルキー を超えた暮らしを誘発する 。 外部に繋がる玄関とリビングの開口部は 、エキスパンドメタル にSUSメッシュを貼り付けた引戸を設け 、スチールサッシとの 二重サッシとし、防犯性を確保しつつ開け放すことが出来る 。 このことにより、留守中にも安心して愛犬のために 扉を開け放 し風通しの良い状態を維持できる 。 二階建ての住居が立ち並ぶ街並みに 、軒を可能な限り低くした 平屋建てを配置することによる青空の拡張は 、僅か一層分であ るにも関わらず、それ以上の開放感を与えられたのではないか と感じている 。